HSPの私が、消耗しすぎると起こる現象と感覚

f:id:nanoooo:20180524220155j:plain

こんばんは、なのです。

 

HSPに限ったことではありませんが、人間疲れていると普段より敏感になることってあるんじゃないかなと思います。

反対に、疲れているからこそ鈍感になることもあるかもしれませんね。

 

私は感覚の過敏さを自覚する中で、「このサインが出たら絶ッッッ対に無理してはならない」という指標があります。

 

「弱いな・・」と落ち込むこともありましたが、今では逆にわかりやすくサインを出してくれてありがとう私の身体!!と思って、うまく付き合えるようになりました。

 

 

発熱

f:id:nanoooo:20180524220354j:plain

風邪を引いたわけでもないのに、消耗しすぎた後はまず発熱します。

そもそも風邪をほとんど引かない

 

「何かの病気では・・?」と思って何度も病院で相談し検査しましたが、どんな精密検査をしても原因不明。

結局「ストレスでしょう」と片付けられるので、身体の中で何が起こっているのかは全く不明です。

 

「ストレスで熱って子供かww」と突っ込まれるので、その度に「たしかにww」と思ってちょっと面白いんですが、大人でもこの類いの発熱を起こしやすい人って意外といるんじゃないかなー?と勝手に思っています。

 

冷えピタは本当に必須アイテムです。最高の相棒。

 

異常な睡魔

f:id:nanoooo:20180524220451j:plain

とにかく眠くなります・・そして寝ても寝ても眠い。

 

nanoooo1987.hatenablog.com

 

日常で感じる睡魔とは全然違くて、まぶたが鉛のように重くて目が開けられなくて、「目がガチャピンになってるよ」と言われるくらいの眠た目になります。

 

普段カフェインにめちゃくちゃ敏感に反応する私でも、この状態になるとコーヒーを飲んでも熟睡出来てしまう・・不思議です。

 

なんでもないことに泣く

f:id:nanoooo:20180524220908j:plain

疲れている時って、とにかく感情を揺さぶられることが多くなるんですよね。

別に悲しい感情だけに対してではありませんが、音楽を聴いたり(特にオーケストラ系)していると謎に泣けてくることがあります。

 

傷つきやすくなる・・とかは私は無いんですが、本当になんでもないことで涙がポロリします。

 

・空が青い→うああああ(涙)

・ご飯が美味しい→うあああ(涙)

・犬がそばにいる→うあああ(涙)

・静かに暮らせている→うあああ(涙)

 

普段から感情移入しやすいし感動しいなところはありますが、涙まで出てくると「あ、こりゃ疲れてるな」と理解することにしています。

 

電磁波を感じやすくなる

f:id:nanoooo:20180524220954j:plain

 

HSPの人の中には、電磁波を感じて頭痛がしたり、反対に電化製品が壊れてしまうといった体質の人もいるようです。

 

私は普段パソコンやスマホを触っていても全く感じませんが、めちゃくちゃ消耗してヘトヘトな状態だと、スマホを触ると電磁波を感じることがあります。

なんでしょう、そんなに強い刺激ではありませんがビリッとするというか、指先で「あ〜電磁波出てるんだな〜」と感じたりします。

そんな時はスマホもパソコンも電源を落として静かに過ごします

 

これは消耗の度合いが最大級の時なので滅多にありませんが、「電磁波に敏感な人がいる」という人がいるということを知った時、「自分だけじゃないのか」とちょっとホッとしたのを覚えています。

 

でも、私は全然支障が無いレベルだから良いけど、電磁波に強く反応してしまう人だときっとすごく大変なんだろうなと思います。

 

身体からのSOSサインを見逃さない

f:id:nanoooo:20180524221142j:plain

私は比較的元気な方なので、多少疲れたくらいではあまり不調は起きませんが、「消耗」となると話は別なんですよね。

自分が消耗する場からは離れて生活するようにしているので、たまに圧倒される出来事に遭遇すると途端にグッタリしてしまいます。

 

実家にいた頃は「このくらいで大袈裟だな〜」と言われて更に落ち込んでいましたが、今ではなんなのこの体質面白いって思っています。

 

困ることもあるけど、周りからのツッコミや「えww」って言われる感じとか、別に嫌いじゃない・・。

受け入れてもらってるからだと思いますが

 

身体からの「これ以上は危険」というSOSサインだと思って早めに対処していたら、回復するスピードも早くなったし、辛さも最小限で抑えられている気がします。

 

人それぞれ敏感になるものの対象や現れ方、感じ方も違うと思いますが、自分の敏感さともうまく付き合っていく方法を探すと、今より少し楽に生きられるかもしれません。